エコの手作り楽器「エコ・カリンバ」の紹介-1

今回はアフリカの楽器!「カリンバ」にチャレンジ
「カリンバ」と言う楽器は共鳴箱の上に竹や鉄を取り付け、指でキィーを弾いて音を出します。
アフリカでは、全土に分布し、形やキィーの本数等多様です。
呼び名も[ンビラ][サンザ][サンサ][ルケンベ][カリンベ]など様々です。
画像

製作概要
キィー 木製「コーヒーマドラー」7~12cm程度の長さを10本程度
[傘の骨や自転車のスポーク等でも代用可能]
押さえ棒 竹櫛(直径3mm)を12cm程度
[真鍮・網・鉄の針金等でも代用可能だが、堅い方が良い]
蝶ナット 押さえ棒を固定  ボルト4㎜と蝶ナット 2本
天板 厚み3mm程度でハガキ大程度の大きさ
側板 幅2cm×厚さ5~10mm
底板 厚さ3mm程度で天板と同じ大きさ

調音方法
キィーになるマドラー棒の長さを調節して、各音程に調音をします。
画像

参考資料
手作り楽器! カリンバの作り方 まとめより
http://matome.naver.jp/odai/2134415512347108601

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック