エコの「初めてのアンサンブル練習」紹介-4「宵待ち草」より

■前回に続き「初めてのアンサンブル練習」‐Ⅳを紹介します。

 曲目     「宵待ち草」を選んでみました。
         作曲:多 忠亮
         作詞:竹久 夢二

 構成     3パート  (1パートと2パートは初心者) 
               (3パートは少し弾ける方が担当)

使用楽器  今回は3パート共「クラシックギター」で練習します。

■曲紹介 (参考資料より)

『宵待草』(宵待ち草:よいまちぐさ)は、大正浪漫を代表する画家・詩人である竹久夢二によって創られた詩歌のタイトルです。
50年たらずの短い生涯にわたり恋多き夢二ではあったが、実ることなく終わったひと夏の恋によって、この詩は創られた。多忠亮(おおのただすけ)により曲が付けられて「セノオ楽譜」より出版され、一世を風靡しました。

■練習用楽譜紹介
◇参考楽譜-1
画像

◇参考楽譜-2
画像

■参考テスト音源

(音源=MP3 速さ=ゆっくり編)




□練習ポイント

1-ステップ 楽譜通り各パートに分かれて「譜読み」と「リズム打ち」から初め その後演奏します。

2-ステップ 「リピート」した場合は「パート」をチェンジして演奏をします。

3-ステップ 「パート1」と「パート2」だけで演奏をします。

4-ステップ 各パートは「パート3」の演奏を聴いて他のパートの関係を確認しながら演奏をします。

5-ステップ 同上の確認ができるようになったら 「パート3」も参加して演奏をします。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック